HOME>イチオシ情報>法律家の観点から離婚問題を取り扱えるのが弁護士

離婚を考えている状況なら弁護士に

男女

夫婦問題について相談ができる士業は弁護士で、夫婦関係がうまくいっていないときに相談に乗ってもらえます。夫婦カウンセラーの場合は離婚を避けるために相談するのが一般的ですが、弁護士に相談する場合は離婚を視野に入れている状況が一般的です。弁護士と夫婦カウンセラーはそれぞれ役割が異なるので、どちらを選択するかよく考えておく必要があります。離婚問題となれば法律と接触してくるため、法の専門家でなければ対応できません。なぜ離婚を前提とした夫婦カウンセリングが行われるかといえば、すでに関係が冷え切っている状況では離婚という選択肢しかなくなるケースがあるからです。離婚が前提の場合は、離婚後の生活について弁護士と相談していくことになります。

客観的な対応をしてもらえる

カップル

スムーズに離婚ができれば問題ありませんが、離婚に際してはさまざまなトラブルが絡んでくるケースが少なくありません。親権はどちらが得るか、子どもの養育費はいくらもらうか、財産分与はどうするか、などなど。こうした悩みは夫婦だけで相談しても円満に解決させるのは難しく、それは双方が自分に有利になるように事を進めようと考えるからです。弁護士の夫婦カウンセリングを活用すれば、専門家としての立場から客観的に判断し、解決策を提案してくれます。

気持ちにケジメをつけられる

手

士業の夫婦カウンセリングを利用する人は、配偶者との離婚を考えていることが多いです。離婚と聞くとよくない選択肢だと思われがちですが、結婚生活を続けることが必ずしも正解ではありません。そもそも結婚生活を実際に体験してみなければ、配偶者のことはよく見えてこないので、失敗するのはめずらしくないのです。弁護士による夫婦カウンセリングを受けると、具体的な対策がわかるので不安が払拭されます。相談したことで自分にケジメをつけることができ、自分や子どもの将来のために前向きに考えられるようになるはずです。