HOME>特集>うまくいかない原因をつかんで今後の対応を考えていく必要がある

二人の関係には様々な問題が

説明を受けるシニア夫婦

夫婦として仲良く暮らしていけるならそれでよいのですが、お互いが別の人間であるからこそ、問題が生じてくることもあります。その時に二人だけで向き合っていても、何が問題なのかわからないことも多いものです。そのようなときにカウンセリングを受けてみると、問題点に気づいたり関係を良くする対処へつなげていったりすることもができる場合もあります。このような点から注目されているのです。

離婚に至る前にできることは

男女

夫婦関係の問題が生じると、最終的に離婚という形で解消することが多いです。しかし、問題をつかんで対応できればその後も関係を続けていくことも可能になる場合があります。ぜひ夫婦でカウンセリングを受けてその道を探ってみましょう。

一人だけでは解決できないことも

相談

夫婦のどちらかだけが負担や問題を感じている場合、解決が難しいことがあります。二人の間で起きる問題ですから、お互いが認識して解決に向かわないといけないのです。そのためにカウンセリングなどは夫婦で向き合う必要があります。